旅行・旅育

ドバイ子連れ家族旅行記2018年 vol.1

こんにちは、インド在住のまっきーです。
子供達が通っているインドのインターナショナルスクールが9月に10日間の休みがあったので、家族でドバイに行ってきました。
なぜドバイなの?
  • インドから直行便で4時間で行けるから
  • 子供達に砂漠を体験させたい
  • 日本、インドとの文化の違いを肌で感じて欲しい
  • 世界一のドバイタワーを見てみたい
うちには4歳女子がいるのでなるべく余裕を持ったスケジュールで、4泊5日の予定を立てました。
旅の日程
日次 スケジュール
1日目 AM:インドから飛行機
PM:ドバイモール、ドバイタワー見学
2日目 1日:ワイルドワディで遊ぶ
3日目 AM:ホテルのプールで遊ぶ
PM:砂漠サファリツアー(夕飯BBQ)
4日目 AM:ドバイ観光ツアー(14:30まで)
PM:ドバイタワーのぼる、友人家族と夕飯
5日目 AM:ホテルのプールで遊ぶ
PM:インドへ飛行機
この記事のポイント
  • ドバイに幼児連れて家族で旅行したい方
  • パックツアーよりも自分で自由に行くところを決めたい方
に参考になれば嬉しいです。

1日目 ドバイタワーの高さ見てのぼりたくなった

インドからドバイへ

朝10時台のエミレーツ航空の飛行機で4時間でドバイへ。
うちの小2息子と年少娘は2回目の飛行機で、1回目(日本からインドへの飛行機)で慣れたようで、機内サービスを満喫していました。
ドバイ国際空港に到着!
まっきー
まっきー
わー!空港キレイ!

インドの空港とのあまりの違いに、空港に降り立ったとたんに家族みんなでワクワク。
男性空港職員が、白いカンドゥーラと呼ばれる民族衣装を着ていて、彫り深い顔立ちで皆さんカッコよいです。

入国手続きも、荷物受け取りもすんなりと済んで、飛行機降りてから30分くらいで空港の外へ出られました。

空港からホテルへ

タクシーに乗って、ホテルから10分ほどのホテルにチェックイン。
今回のホテルは、ドバイクリーク沿いの『ジュメイラクリークサイドホテル』です。
ホテルのお部屋は一番安い部屋でしたが、バスタブがあり広いお部屋でした。
窓からは隣の会社の部屋が丸見えで、景色はガッカリでした・・・。
まっきー
まっきー
クリーク(運河)側の部屋が景色がきれいでお勧めです!
少し落ち着いたら、ホテルから徒歩3分のスタバへ行って、ホッと一息。
日本のスタバより若干高めです。
ホテル出るとすぐにモスクが見えていい感じです。道路もゴミがなくキレイです。

定番のドバイモールとドバイタワー(ブルジュ・ハリファ)

最初に定番に行っておこうか!ということで、タクシーでドバイモールへ。
まっきー
まっきー
ひゃーぴかぴか!広すぎてヤバい!
子どもたちも私もテンションマックス。
涼しい館内を、ルンルンで歩きます。しばし、ウィンドーショッピング。
モール内にアイスリンクがあったり、とにかく広い!!
ちょっと4歳娘が疲れてきたのでドバイタワー(ブルジュ・ハリファ)を見に行くことに。
ショッピングモールの上の案内板を見ながら、ドバイタワーへ。
ドバイモールの外に出るとキレイな池(ブルジュ・ハリファ・レイク)があり、
そこには、
ドドーーーン!
ドバイタワーの威圧感が凄いです。高さが異様です・・・。
当初の予定ではドバイタワーは外から見て終わり、のはずだったのが、実際見てみるとあまりの高さと周りの雰囲気の良さに、のぼりたくなってきました!
子ども達も登りたい!ということで、予定を変更して最終日の前日にのぼることに。
まっきー
まっきー
この後、ホテル戻って予定練ります。自由旅行の良さですね。
ドバイタワーの下のブルジュ・ハリファ・レイクでは噴水ショー(ドバイ・ファウンテン)が定期的に開催されていて、広場は人であふれていました。
音楽に合わせてもの凄い高さまで噴水が吹き上がり、プロジェクションマッピングの光も合わさって、何よりも背後のドバイタワーの威圧感と何ともいえない空間です。
欧米人が多くテンションが高く、噴水が噴射されるたびに拍手や歓声がすごいです。
楽しくて、子ども達も一緒に叫んでいました!
ショーが終わったら、タクシーでホテルへ戻りました。
初日の夕飯は、ホテルから徒歩3分のスタバの隣のSUMOという日本食レストランで食べました。
ドバイは食事が高いと聞かされていたのですが、SUMOは比較的リーズナブルで、インドから来た私達には非常においしかったです。
夜、ベルトラと、ブルジュ・ハリファ公式サイトで、4日目の日程でのドバイタワーの混み状況を確認しました。
結構空いていたので、何時にのぼるか、など細かいことは明日決めることにしました。

2日目 ワイルドワディで水遊び

ワイルドワディウォーターパークへ

2日目は、朝からワイルドワディに遊びに行きました。
今回のホテルはジュメイラ系列のホテルなので、ワイルドワディという巨大ウォーターパークに宿泊者は無料で何回でも行けます。
まっきー
まっきー
ワイルドワディ目当てで今回のホテルにしたんですよー

ホテル前からワイルドワディ行きのホテルのマイクロバスに乗って、ワイルドワディへ。

車窓からはドバイの街並みが新鮮で、1時間弱があっという間でした。

ワイルドワディに着いたら、ホテル客専用の入り口から入ります。一緒に乗っていた他のお客さんについて行けば大丈夫です。

入場すると、更衣室へ行き水着に着替えます。タオルも貸してもらえるので、ほぼ手ぶらで行けます。

まっきー
まっきー
ロッカー代が高いのでなるべく少ない荷物で行ってくださいね。

入場した際に腕輪を一人一つもらいます。入場時にタオルをもらう場所で、園内で使う分のお金をチャージしてから更衣室に向かってください。(園内ではチャージできず、私たちはランチの際に一度更衣室に戻って面倒でした。)

残った代金は、現金なら現金で返金されます。クレジットカードでもOKのようです。

ワイルドワディ内は、浮き輪に乗って凄い勢いで流れるウォータースライダーの色々なコースがあったり、大波が出るプールなど、小学生高学年くらいからは1日いても飽きないと思います。

うちの小学2年生息子は、ウォータースライダーは怖いみたいで、妹4歳と一緒に浮き輪に乗って流れるプールで1日遊んでいました。

まっきー
まっきー
ワイルドワディは、幼児さんにはワイルド過ぎかもしれません・・・。
ランチ情報

パーク内で、ピザ、フライドチキン、ポテト等軽食が食べられます。が、結構高いです。園内の食べ物、飲み物は、入場の際にチャージしたお金で支払います。

暑さで疲れたので、15時半のバスでホテルへ戻りました。

ホテルで4日目のスケジュール練り直し

夕方はホテルで過ごしました。
子ども達は、今度はホテルのプールで遊んでもらいながら、私と夫は、4日目のスケジュールの練り直しです。

当初のプランでは、

4日目:ホテル宿泊特典のプライベートビーチで1日海水浴

でした。

でも、
「せっかくだからドバイタワーのてっぺんにのぼって夕日見たいね」
「午前中開いちゃうから、せっかくだからドバイの街観光したいねー」
ということで、

4日目:AM:ドバイ半日観光ツアー PM(夕方):ドバイタワー登る

に決定!

今回は、ベルトラで両方予約しました。

まっきー
まっきー
息子が日本語ガイドに色々質問して欲しいなぁ。と思ったからです。

そんな感じで、2日目は、1日プールに入って終了しました。
子ども達はプール好きなので、満足したようです。

1日目・2日目のまとめ

こんな感じで、我が家はゆったりめの子供ペースで旅行を楽しんでいます。

1日目・2日目のまとめ
  • ドバイの街は道路キレイで歩きやすい(暑いけど)
  • ドバイモールは広すぎて、1日では見きれない(アイスリンク結構大きい)
  • ワイルドワディは、幼児には少しワイルド過ぎ
  • 数日前でも日程変更できます。

ではでは、つづきも読んでくださいね~。

まっきーでした。